事務局からのお知らせ新着

事務局からのお知らせアーカイヴ

過去のお知らせをアーカイヴしています。

【重要】厚生労働省「医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」の御案内

厚生労働省「医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」

※ 以下、同事業パンフレットより引用

詳細は厚労省HPでご確認下さい。

 

新型コロナ感染症の院内等での感染拡大を防ぐための取組を行う病院・ 診療所・薬局・訪問看護ステーション・助産所に対して、感染拡大防止 対策や診療体制確保などに要する費用を補助します。

 

補助上限額

 

病院(医科、歯科) 200万円+5万円×病床数

有床診療所(医科、歯科) 200万円

無床診療所(医科、歯科) 100万円

薬局、訪問看護ステーション、助産所 70万円

 

補助の対象機関

 

・新型コロナ感染症の院内等での感染拡大を防ぐための取組※を行う病院・診療 所・薬局・訪問看護ステーション・助産所

 ※ 取組の例(例示であり、これに限られるものではありません)

 ① 共通して触れる部分の定期的・頻回な清拭・消毒などの環境整備

 ② 予約診療の拡大、整理券の配布等を行い、患者に適切な受診の仕方を周知

 ③ 発熱等の症状を有する新型コロナ疑いの患者とその他の患者が混在しないよう、動線の確保 やレイアウト変更、診療順の工夫など

 ④ 電話等情報通信機器を用いた診療体制等の確保

⑤ 感染防止のための個人防護具等の確保

 ⑥ 医療従事者の感染拡大防止対策(研修、健康管理等)

 

補助の対象経費

 

・感染拡大防止対策に要する費用

・院内等での感染拡大を防ぎながら地域で求められる医療を提供するための診療 体制確保等に要する費用

(「従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者に係る人件費」は対象外)

※ 経費の例(例示であり、これに限られるものではありません)

清掃委託、洗濯委託、検査委託、寝具リース、感染性廃棄物処理、個人防護具の購入 等

 

事業の詳細はこちら ➡https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kansenkakudaiboushi_shien.html

 

〈お問合せ先〉

厚生労働省医政局 新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター 電話番号 03-3595-3317(受付時間は平日9:30~18:00)


全国有床診療所連絡協議会より消毒用エタノールの無償配布が実施されます。

7月6日付で
全国有床診療所連絡協議会 鹿子生健一会長より
各道県有床診療所協議会会長宛に
「消毒用エタノールの希望者への配布について」案内がありました。
全国有床診療所連絡協議会会員で消毒用エタノールご希望の方に
無償で1ケース配布頂けるとの事です。
配布頂ける消毒用エタノールは和歌山県有床診療所協議会より
全国有床診療所連絡協議会にご紹介させて頂きました
和歌山県紀の川市(株)九重雑賀の「九重雑賀高濃度エタノール65%」です。
500ml瓶×12本入り1ケースとなります。
7月7日付で和有協会員の皆様に御案内させて頂きます。
鹿子生会長始め全国有床診療所連絡協議会執行部の皆様に
心より感謝申し上げます。


和歌山県紀の川市の酒蔵「九重雑賀」より高濃度アルコールを寄贈頂きました!

和歌山県では十二単のお姫様で有名な「ココノエ酢」ですが
製造元の「九重雑賀」は八咫烏ラベルの日本酒も造っています。
和歌山県紀の川市にある日本酒醸造所「九重雑賀」の雑賀俊光社長に
新型コロナの拡大で県下の医療機関、有床診療所では
消毒用アルコールが手に入らず困っていることをお話ししたところ
「ココノエ酢」の500㎖瓶入りの高濃度エタノールの生産に尽力下さり
この度、6/5より「九重雑賀高濃度エタノール65%」の供給が開始されることとなりました。
和歌山県有床診療所協議会の会員の皆様には
雑賀社長のご厚意により、無償で寄贈頂けることとなりました。
「九重雑賀」より6/5付で全会員の皆様に500㎖瓶を2本づつ配送頂けるそうです。
また、追加でお求めになりたい和歌山県有床診療所協議会会員の皆様には
会員特価での御提供も頂けるそうです。
詳細は和歌山県有床診療所協議会ウェブサイトの会員ページ
「会員の皆様へ2020/6/3」に掲載致しますので
ご利用頂ければ幸いです。
尚、リーズナブルな価格で市販もされますので
「九重雑賀」の公式サイト等でご確認頂くか
「九重雑賀」にお問い合わせ下さい。


「令和2年度第26回和有協定時社員総会」が5/25付で開催されました。

5/25付で書面による「令和2年度第26回一般社団法人和歌山県有床診療所協議会定時社員総会」が開催され、全ての議案が承認可決されました。会員の皆様の御協力に感謝申し上げます。尚、令和2年度事業計画は以下の通りです。

令和2年度事業計画
①県下有床診療所が担っている病床機能の周知と更なる有効活用に向けて、県民や行政に情報発信を行なう。
② 全国有床診療所連絡協議会との連携のもと、次世代に継承・永続可能な経営環境実現に向け、担っている役割に相応しい入院基本料引上げを求める。
③地域医療構想調整会議において、有床診療所特有の5つの病床機能の理解を促し、新たに6番目の病床機能として、「医療と介護を一体的に提供する機能」の周知に努め、医療政策上の有効活用を促進する。また、貴重な医療資源である産科有床診療所の病床削減審議からの除外を促す。
④在宅復帰率において病院回復期リハ病棟と遜色の無い実績を上げ、入院基本料も安い有床診療所での回復期リハの周知を促す。また、有床診療所「回復期リハ病床」の創設を働き掛ける。
⑤有床診療所病床を用いた、より安全・安心なショートステイの周知を行ない、有床診療所の介護事業参入を促す。
⑥協議会ホームページを活用し、各会員が地域で担っている役割を発信し、12月4日の「有床診療所の日」記念行事等を用いた広報活動を促進する。
⑦本邦唯一の法人格を有する有床診療所協議会として、他の都道府県有床診療所協議会の法人設立の為の情報提供や支援を行なう。
⑧近畿ブロック会活動への参加と、協議会未設立の奈良県、京都府、大阪府への設立支援を行なう。
⑨県下有床診療所の一致団結と情報共有、意見の集約と将来展望構築の為、更なる会員増強を目指す。
⑩新型コロナウイルス感染症対策として会員相互の協力と支援を行なう。


「令和2年度第26回和歌山県有床診療所協議会定時総会」の5/25書面開催について

令和2年度社員総会は例年通り協議会HPにおける書面開催にて5月25日付で実施させて頂きます。協議会HP会員ページの会員事務局発行資料の項目の「会員の皆様へ」に5月8日付で「令和2年度第26回和有協定時総会議案書・議決書」として掲載致しますので、会員の皆様には議案書をご確認頂き、質疑、御意見、不承認の議案が有る場合には議決書に記載の上、5月22日を提出期限として会員事務局(FAX:0739-22-0538)まで議決書をFAX願います。尚、FAX無き場合は承認頂いたものとさせて頂きますので、質疑、御意見、不承認の議案が無く承認頂ける場合には議決書の提出は不要です。